作詞家もフリーランスです

subpage01

フリーランスには様々な職業がありますが、歌手などが歌う作詞家もフリーランスの一種です。



作詞家は常に自宅で仕事をしているイメージがありますが、実際には常に自宅にいるだけでは良い作詞は完成しないために、外出して様々な経験を積む必要があります。

goo ニュース情報があれば全てが解決します。

フリーランスが自宅でのみ仕事をするイメージが強くなった原因は会社へ出社しないことが原因でフリーランスは自宅に閉じこもりっぱなしというイメージが付いたと言えます。



しかし、全ての作詞家がフリーランスではなくて、レコード会社に所属している作詞家も沢山いますが、レコード会社に所属している作詞家は会社員のように毎日、会社へ出社して仕事をしています。しかし、仕事内容はレコード会社に所属している作詞家とレコード会社に所属していない作詞家でも仕事内容は同じで収入も実力によって決まることも同じです。

実力がない作詞家は基本的にはレコード会社に所属することができないことが一般的です。

最初は誰もがレコード会社に所属せずに仕事をしており、実力がレコード会社に買われたらレコード会社からスカウトをされてレコード会社へ所属するパターンになります。

ですが、レコード会社に所属して仕事をすると締め切りも付きまとうことになるため、常に締め切りとの闘いになります。


そのため、常に忙しい日々を送ることになりますので、自分のペースで作詞に専念したい人の場合にはレコード会社からスカウトをされても断る人もいますが、これは、人それぞれの考え方の問題なので、正解はありません。