フリーランスのなり方

subpage01

フリーランスとは一つの働き方のことです。
特定の企業や団体などの組織で働くのではなく、個人で働くことを言います。


そのような人はフリーランサーと呼ばれます。



フリーランスについて調べていると個人事業主という言葉が出てきてその違いがわからなくなるかもしれません。
個人事業主は個人で働くことについてはフリーランサーと変わりません。



特徴としてあげられるのは企業などの法人を設立しないで事業を行っているという点です。
対してフリーランサーは法人を設立しているかは関係がないため、イメージで言えばフリーランスの中に個人事業主があるということです。

フリーランスとして働く時に、組織の中、特に企業で働く場合と大きく違うポイントが全ての作業を一人で行わなければならないということです。

例えば企業では営業の人が仕事を請け負ってきて、エンジニアの人がモノを作るといったように役割を分担します。



フリーランスで働く場合、これら全てを個人で行わなければなりません。
そのため何かが一つできるだけではなく、企業を運営する時と同じようなスキルが必要です。しかしインターネットを利用すれば、契約の段階を比較的容易にすることができます。

インターネット上で個人契約が行えるクラウドソーシングと呼ばれるサービスがあり、そのサービスを利用することで仕事を請け負うために要する時間を短縮することが可能です。


そのような時間を短縮できれば自分の得意とする業務に時間を割くことができます。

中にはインターネット上で契約から制作物の納品まで行える仕事もあります。


そのような仕事は制作物がデジタルデータであるため、インターネット上で全ての仕事が行えるのです。